最初の歴史

アルファロメオは、結構有名な自動車会社でしょう。そのアルファロメオの歴史の一端を簡単に説明していきますね。
1910年にダラック・イタリアーナという会社がありました。この会社はイタリアの工場でしたが経営危機による危機的な状態に遭いミラノの起業家集団によって買収されたのです。そして、創立したのがA.L.F.A(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili)という会社が出来たでしょう。

 

この頃は、そこまで有名になっていなかったのですが、独特なエンブレムであるヴィスコティ家の家紋に由来する人を飲み込む大蛇のエンブレムを付けた最初の自動車24HPという自動車によってアルファロメオの輝かしい時代が幕を開くことになったのです。この24HPはその当時のレースではかなりの高性能の自動車であり、そしてアルファロメオにとってはかなり強力な武器となったことでしょう。そして、有名になっていくのです。

 

1981年にニコラ・ロメオによって会社を買収されました。しかし、この買収によってアルファロメオが正式に会社として立つことになったのです。買収されるとその会社に従わないといけなかったのですが、ニコラ・ロメオはレースが好きだったため、その後もレース用の自動車を開発、そしてRLを創り出したでしょう。
この後、更にアルファロメオの名声が高くなりました。自動車王ヘンリー・フォードも驚く進歩をしてアルファロメオは走り続けているのです。