復活するために

アルファロメオは戦時中にかなりの大打撃を被ることになったのですが、戦後にそれを取り返すためにいろいろなことに取り組むことになります。そのアルファロメオの動きを簡単に説明しますね。

 
戦後、アルファロメオはかなりのダメージを受けていました。なにせ本社工場が空襲に遭い大破してしまったからです。それに自動車開発の方も出来ないという大変な状態でした。しかし、その後1947年に高級スポーツカー6Cの改良を最下位することになったのです。そのシリーズの自動車の中には、世界一優美な車という賞賛をもらうほど良い自動車を製造することができました。

 

しかし、その後にそれまでのスタイルを自ら破棄そして、太守量産車メーカーとシフトしたのです。しかし、一つ一つの自動車に高度な技術を使うことは相変わらずで、かなり賞賛することが出来るでしょう。その後、新たな自動車ジュリエッタシリーズが出てきて、多くのレースでも激戦を繰り広げていったのです。その後移転やフィアットとの統合などがありまして、それでも人気はかなり高かったでしょう。

 
このようにアルファロメオの戦火による被害を回復することができたのです。しかし、この後もなんだかんだで、いろいろとあるアルファロメオだったでしょう。