未分類

アルファロメオは、自動車製造している会社ですが、なんとこのアルファロメオの自転車が販売されているのです。だから、興味があるなら探してみると良いかもしれません。

 
アルファロメオの自転車は、いろいろなタイプのものがありますね。ママチャリのタイプ、マウンテンバイクのタイプ、子供用のタイプなど様々なタイプの自転車がありますので、求めるならそれをよく考えて選択してください。中には、折りたたみのアルファロメオの自転車が販売されているでしょう。アルファロメオの自転車と言っても、アルファロメオの自動車の部品を使用しているわけではありません。

 

あくまでもアルファロメオがデザインをしたもので、しっかりとアルファロメオのエンブレムも存在しているでしょう。ただ、基本的には自動車なので大して変わりません。だから興味がある人だけがアルファロメオの自転車を獲得すると良いかもしれないでしょう。現在でも販売しているので、よく考えて探してください。価格としては2万くらいで獲得することができます。

 
このようにアルファロメオの自転車があるでしょう。特別な設計はされていませんが、興味があるなら探してみてみると良いでしょう。特にコレクターは獲得したグッズの一つですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファロメオの人気、当時はすごいもので、多くのグッズが販売していたのです。
アルファロメオのグッズは相当多く存在しており、クッション、帽子、メダルと多くのグッズが販売しているでしょう。現在でもアルファロメオのエンブレムが描かれているグッズは結構多く、キーホルダーなどのグッズも存在しています。かなりの人気で当時はとても多くの販売数を出すことができました。

 

グッズの中には、アルファロメオの何分の1模型が複数販売しており、結構マニアの中では高値を出すような商品も存在していたのです。現在も模型で販売しており、興味があるなら探してみると良いでしょう。ちなみに、アルファロメオのエンブレムだけ付けただけの商品が数多くあり、正直アルファロメオとは全く関係ないグッズもかなり多かったです。また、エンブレムがかなり小さくて一見するとアルファロメオではないように感じるグッズも存在しているでしょう。

 
このようにアルファロメオのグッズが複数存在します。このようなグッズを購入するならインターネットを利用すると結構見つけやすいのでそれを利用することがオススメしますね。様々なグッズが販売されているので、興味があるなら探してみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファロメオには、伝説的なレースがあります。と言っても、アルファロメオの力による伝説とは言いがたいのが若干気になりますがね。

 
1935年に開催されたドイツGPでアルファロメオは出場することになったのです。しかし、この頃のアルファロメオはかなり資金面で難を出しており、上手くレースに勝てる自動車を作ることができませんでした。特に問題なのが、旧式のアルファロメオP3を使ったことでしょう。旧式だけにあまりにも戦力不足と言っても良かった状態でした。

 

それとは逆に対戦相手は、資金面に恵まれており且つかなり高い開発能力を使い驚異的な自動車を設計、当時はとても勝てるところは無いのではないないかと言う状態、そのようなレースでアルファロメオのドライバータツィオ・ヌヴォラーにより、なんとそのレースに優勝をすることが出来たのです。これは、かなりすごいことですね。ただ、上記で説明したようにあくまでもドライバーの力によるものではあったでしょう。しかし、少なからず自動車の方も良かったからですね。そうしておきましょう。

 

ちなみに、この時にドイツの勝利を疑わない上に、アルファロメオの勝利は無理だと判断していた主催者は、イタリアの国歌を持っておらずタツィオ・ヌヴォラーが持っていたレコードによって難を逃れることになったそうです。
このように奇跡的なレースがあったでしょう。

 

 

 

 

 

F1

a0782_000146

 

1945年の第二次世界大戦が終結するまで、かなりアルファロメオは苦水を飲むようなことをしたのです。しかし、その戦争も終わりなんと空襲から避けるために乳製品工場に隠したアルファロメオ159を回収、後に復活したGPレースに参戦することになりました。そして、そのGPレースで大活躍を魅せることが出来たのです。その後も多くのF1レースで勝利をして大活躍を果たしたでしょう。しかし、その活躍も1951年のGPでアルファロメオを離れて新しく会社を作り上げたフフェラーリによって敗北、その後資金難による理由でレースからの撤退をしたのです。この時のエンツォ・フェラーリの言葉「私は母をころしてしまった」はあまりの有名な言葉として伝わっているでしょう。

 
撤退後は、幾つものチームがアルファロメオのエンジンを使用してレースに出たり、一時的な復活をしたりしてレースに出場しました。そして、1979年にアルファロメオのF1復帰を果たしなのです。その後も幾つものレースで成績自体は出したのですが、エンジンの信頼性が低いことでワークスチームが撤退することになったでしょう。
このようにF1のアルファロメオがあります。本当に強かったのですが、やはり技術面で徐々に悪くなって行くことになってしまったでしょう。

アルファロメオは、経済的に復活するために様々な技術を習得してきたのですが、1986年にフィアットがアルファロメオを買収することになったのです。しかし、それでもアルファロメオ自体は続いていくでしょう。そして、フィアットと共に新たな旅路を歩むことになったのです。

 
フィアットの統合によって、前から販売していたモデル75の終了をしないといけませんでした。当初これはかなりの痛手だったのですが、新しくカロッツェリア・ザガートとのコラボレーション限定生産のSZ/RZはかなりの高評価を貰うことが出来たのです。

 

それから、アルファロメオだけの技術だけではなく、フィアットの傘下に付いている会社との技術の共有化によって、かなり良い自動車を作ることが出来るようになったので、前に失った信頼を回復するだけの技術を獲得することが出来たでしょう。そして、1988年のヨーロッパ・オブ・ザ・イヤーを初めてアルファロメオで受賞、更に2001年度のカーオブザイヤーに選ばれたのです。だから、統合自体はかなり良い方向になったと言えるでしょうね。

 
このようにアルファロメオは、復興をして現在に至るのです。現在では、2015年に生産を開始するためにあるプロジェクトを進行しているので、今後の発表が楽しみでしょう。

 

 

 

アルファロメオは、戦後からかなり回復をすることができました。そして、様々な技術を獲得と発明をすることが出来るようになったのですが、突如としてアルファロメオに問題が続出するようになったのです。

 
アルファロメオは、それまでかなり良い自動車を作成していました。高技術と言っても良い技術で多くの自動車を製造してきたのですが、ある時を堺に突如として問題が発生していくのです。それが、1966年以降のことですね。この頃に、労働争議が発生したことにより鉄鋼生産量が減ってしまったのです。それに伴い、ソ連から鋼板を手に入れようとしたのですが、それが今までのものよりも品質がかなり劣っていたということがありました。

 

しかも、その時に工場の建設をしていたのですが思うように進まず、その際に数ヶ月鋼板を放置、それによりかなり脆い車となり、「芯から錆びる自動車」としてかなりの痛いレッテルを貼られることになったのです。これにより、イメージがかなり底に落ちてしまい、当時アルファロメオミラノだったエンブレムからミラノが外されることになりました。その後レッテルを取るために、様々な技術を獲得しようとしたのですが、結果的にあまり良い結果を生むことはありませんでした。しかし、1984年に転機が訪れたのです。それが、日産自動車との提携でしょう。

 
このようにアルファロメオの戦時並のピンチを出すことになったのです。しかし、この後に復活へと進むことが出来たでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファロメオは戦時中にかなりの大打撃を被ることになったのですが、戦後にそれを取り返すためにいろいろなことに取り組むことになります。そのアルファロメオの動きを簡単に説明しますね。

 
戦後、アルファロメオはかなりのダメージを受けていました。なにせ本社工場が空襲に遭い大破してしまったからです。それに自動車開発の方も出来ないという大変な状態でした。しかし、その後1947年に高級スポーツカー6Cの改良を最下位することになったのです。そのシリーズの自動車の中には、世界一優美な車という賞賛をもらうほど良い自動車を製造することができました。

 

しかし、その後にそれまでのスタイルを自ら破棄そして、太守量産車メーカーとシフトしたのです。しかし、一つ一つの自動車に高度な技術を使うことは相変わらずで、かなり賞賛することが出来るでしょう。その後、新たな自動車ジュリエッタシリーズが出てきて、多くのレースでも激戦を繰り広げていったのです。その後移転やフィアットとの統合などがありまして、それでも人気はかなり高かったでしょう。

 
このようにアルファロメオの戦火による被害を回復することができたのです。しかし、この後もなんだかんだで、いろいろとあるアルファロメオだったでしょう。

 

 

 

 

 

大戦中やはりアルファロメオも結構大変なことになっていました。その時のアルファロメオの歴史を説明します。

 
1933年の世界恐慌を発端にしてイタリア産業復興公社の支配下にはいりました。この頃のアルファロメオは、自動車の製造ではなくもっぱら軍事の飛行機のエンジンに携わっていました。それ故に、終戦するまではアルファロメオ自体の自動車の製造はかなり縮小する方になったのです。他にも兵器制作などにも力を入れないといけませんでした。

 

ちなみに、その時のアルファロメオが手がけたのがアレーニア・アエルマッキの単座戦闘機MC202フォルゴーレのエンジンを作っていたのです。もちろん、他の自動車会社も参戦することになっていました。ただ、これだけなら良かったのですが、サンドの連合軍の空襲によって本社の工場が廃墟と化して多くの資材なども一緒に無くなることになったでしょう。これは、実にアルファロメオにとっては大打撃で多大な損失となりましたね。

 
このようにアルファロメオの戦火時があります。戦時中は本当に自動車会社としてはかなりの痛手を負うことになったでしょう。しかし、これからアルファロメオはその損失を帳消しにするために動き出すことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

アルファロメオは、結構有名な自動車会社でしょう。そのアルファロメオの歴史の一端を簡単に説明していきますね。
1910年にダラック・イタリアーナという会社がありました。この会社はイタリアの工場でしたが経営危機による危機的な状態に遭いミラノの起業家集団によって買収されたのです。そして、創立したのがA.L.F.A(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili)という会社が出来たでしょう。

 

この頃は、そこまで有名になっていなかったのですが、独特なエンブレムであるヴィスコティ家の家紋に由来する人を飲み込む大蛇のエンブレムを付けた最初の自動車24HPという自動車によってアルファロメオの輝かしい時代が幕を開くことになったのです。この24HPはその当時のレースではかなりの高性能の自動車であり、そしてアルファロメオにとってはかなり強力な武器となったことでしょう。そして、有名になっていくのです。

 

1981年にニコラ・ロメオによって会社を買収されました。しかし、この買収によってアルファロメオが正式に会社として立つことになったのです。買収されるとその会社に従わないといけなかったのですが、ニコラ・ロメオはレースが好きだったため、その後もレース用の自動車を開発、そしてRLを創り出したでしょう。
この後、更にアルファロメオの名声が高くなりました。自動車王ヘンリー・フォードも驚く進歩をしてアルファロメオは走り続けているのです。